歯科衛生士の役割

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

歯科衛生士歯は毎日使うものですし、この部分が悪いと他の部分にも影響がでます。滑舌が悪くなったり、柔らかいものしかご飯が食べられなかったり、ここ一番というときにも歯をくいしばってギュっと力を入れますが、力を入れることができなくなってしまうのです。こうなってしまうと身も入らないですし、大変です。そこで大切なのが、歯の健康を守ることです。この歯の健康を守るために、大切な役割をしてくれているのが歯科衛生士になります。虫歯になってからのことだけでなく、虫歯にならないようにする予防や、お手入れの仕方、そして食生活の指導など細かく話をし、患者の話にも耳を傾けて、日ごろどのようなケアをしているのか聞きながら、そのことを踏まえたアドバイスをしてくれます。

先生でも気が付かない部分の情報を提供したりして、1人1人の患者に合ったアドバイスをしていく役割があるのです。患者も先生には言いにくいことも、女性の歯科衛生士であれば正直に日ごろのケアについても言いやすい場合もあります。治療は痛い思いをすることもあるので、怖いと恐怖心を持っている患者も多いのですが、そのような不安な気持ちをなだめて、患者を落ち着かせる役割も持っています。そして、その病院の顔となる看板娘のような役割も持っているのです。ですので、あまり男性や中年以上の女性は少なく、若い女性が多くなっています。歯医者は嫌いでも、病院のスタッフが良い人だから治療をがんばろうと思ってもらえる役割も果たします。

Published by 管理人