歯科衛生士と求人

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

母と子需要も供給も比較的多いのが歯科衛生士の求人であり、特に男性よりも女性の求人が多く目立っています。中には男性が採用されて働いている職場もあるのですが、だいたいが若い女の子が働いている場合が多いです。

そして、この歯科衛生士の仕事は看護師のような役割をするのにもかかわらず、夜勤や不規則で無理のある勤務の仕方をさせないので、魅力が大きいです。朝に出かけて夜には病院が終わる時間以降には帰ってくることができるので、結婚した後も仕事を続けやすいという点が挙げられます。どうしても出産や育児をしていると、仕事だけに専念することが難しいときがあります。

しかし朝から夜の間であれば保育園などの預ける場所も多くあるので、仕事をすることができますが、不規則な時間ですと夜に預けることができる保育園やそのような施設は少ないので無理が生じてくる場合もあるでしょう。決まった時間の中で働くことができ、不規則ではないので同じ職場で長く働く人も増えてきています。年齢が進んでしまうと、中途採用などではなかなか採用されにくいので、育児のときにも両立してがんばりたい場合には、最初の職場で長く勤めて産休を習得するのがいいでしょう。年齢が若い方で独身の方は比較的、求人も多く職場も選べます

歯科衛生士の学校

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

講座歯科衛生士になるためにはまず高校卒業後に専門学校へ行くことになります。実は少し前までは2年制で勉強することができたのですが、平成22年から3年制の学校へとなりました。さらに4年制の学校もあり、大学生と同じような期間勉強をして、やっと資格を受験できるようになります。学校は様々な地域にあり、今も需要が多いため4年制の学校も増えていく傾向にもあります

地元の学校はもちろん、自分に合った学校を探すためには様々な地域に目を向けて、気になる学校があれば資料を取り寄せてみるといいでしょう。実際に資格を習得している倍率や、どのように勉強をしていくのかなども比べることができます。せっかく入るならば、しっかりと資格も習得することができて、楽しい学生生活も送れる学校を選ぶといいです。中には体験入学ができる学校もあります。ここでは日ごろどのように勉強を行っているのかを見ることができますし、資料を参考にしただけよりも実際の勉強風景や学校の建物の中を見ることができるので、自分が勉強している姿もイメージしやすいでしょう。学ぶ施設や設備が充実しているかや、資格を習得し卒業したあとの就職についても強い学校なのかどうなのかも調べるとさらにいいです。

歯科衛生士の資格

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

女性歯科衛生士になりたいと考えている方も多いことでしょう。ですが、なりたいと思ってそのまますぐに面接を受けることができるような仕事ではありません。病院の看護師と同じように、歯に関する治療は先生が行うこと以外すべてできなくてはならないですし、国家試験に合格をしなければならない資格になります。民間の試験以上に国家試験になるので難しいものになります。歯科医師のサポートをしながら、実際に患者の歯石を取ったりフッ素を塗布したりして、歯が良くなるようにサポートしていくのですすぐに働きたい場合には歯科助手という仕事もありますが、こちらは試験を受けていないので、できない作業も多く、もちろん給料も歯科衛生士に比べて少なくなります。学校へ通わなければならないので時間やお金の余裕も必要とはなりますが、しっかりと勉強をして国家資格を取ったあとには、歯科衛生士として責任のある仕事をすることができます。

歯科衛生士はなりたいからといってすぐに簡単になれるわけではない資格ですが、その分習得して働けばある程度の給料を貰いながら働くことができる職にもなるでしょう。家庭との両立ができる仕事ですので、女性から特に人気のある資格にもなります。

歯科衛生士の役割

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

歯科衛生士歯は毎日使うものですし、この部分が悪いと他の部分にも影響がでます。滑舌が悪くなったり、柔らかいものしかご飯が食べられなかったり、ここ一番というときにも歯をくいしばってギュっと力を入れますが、力を入れることができなくなってしまうのです。こうなってしまうと身も入らないですし、大変です。そこで大切なのが、歯の健康を守ることです。この歯の健康を守るために、大切な役割をしてくれているのが歯科衛生士になります。虫歯になってからのことだけでなく、虫歯にならないようにする予防や、お手入れの仕方、そして食生活の指導など細かく話をし、患者の話にも耳を傾けて、日ごろどのようなケアをしているのか聞きながら、そのことを踏まえたアドバイスをしてくれます。

先生でも気が付かない部分の情報を提供したりして、1人1人の患者に合ったアドバイスをしていく役割があるのです。患者も先生には言いにくいことも、女性の歯科衛生士であれば正直に日ごろのケアについても言いやすい場合もあります。治療は痛い思いをすることもあるので、怖いと恐怖心を持っている患者も多いのですが、そのような不安な気持ちをなだめて、患者を落ち着かせる役割も持っています。そして、その病院の顔となる看板娘のような役割も持っているのです。ですので、あまり男性や中年以上の女性は少なく、若い女性が多くなっています。歯医者は嫌いでも、病院のスタッフが良い人だから治療をがんばろうと思ってもらえる役割も果たします。